オンラインカジノの変遷

実際には、ずいぶん昔のように感じますが、オンライン・カジノが最初にできたのは1994年のことです。それは、カリブ海の小さな島アンティグア‐バブーダで自由貿易区域の法律が可決された年でした。この法律は、インターネット上でカジノを運営する企業に許可を与え、アンティグア‐バブーダは、オンラインギャンブル企業に最も人気のあるライセンス規制局のひとつとなりました。ブロードバンド接続、オンラインギャンブルの進展において先駆的で革新的なソフトウェア開発会社、そして自由貿易のおかげで、オンラインカジノは、何千ものオンラインプレーヤーを抱えて、現在何百万人の人々にとってのライフスタイルとなりました。

現在、約500以上のオンラインギャンブルサイトが存在し、これらの大半は、オンラインカジノで、フランチャイズ、アフィリエイト、子会社を有します。幅広く多様なゲームの商品を提供することが可能になり、オンラインギャンブルビジネスの収益は、年間180億ドルを超えるようになりました。オンラインカジノのゲームには、バカラ、クラップス、ルーレット、キノ、スロット、ビデオポーカー、プログレッシブジャックポット等があります。オンラインカジノの利点は、店舗型カジノよりもペイアウト率が高いことです。